2019年8月の機能アップデートお知らせ!

更新日:2019年9月2日

Greenfile.workのアップデートと変更

Greenfile.workは安全書類の作成と管理を手助けするサービスです。
書類作成の効率化により一層貢献できるよう、以下のアップデート行いました✨
2019年8月のアップデート内容を振り返りましょう!

従業員(ユーザー)権限の細分化と強化

「従業員一覧」に表示される各従業員(ユーザー)の『アクセス権限』が4段階に細分化され、それぞれ出来る操作に制限をかけることが出来るようになりました!
つまり、これで誰かが突然現場を削除してしまうかとヒヤヒヤする必要はなくなります。

・管理者 ・・・・・・ 現場や書類に関する全ての操作。他ユーザーの権限の変更。
・一般  ・・・・・・ 現場や書類に関する全ての操作。
・閲覧のみ  ・・・ 書類の閲覧のみ。
・閲覧不可  ・・・ 全ての操作・閲覧が不可(作業員名簿などへの反映は可能)

「施工体制作成通知書」の内容が変更されたら、再度通知されるように

招待された現場ページに初めてアクセスした際に表示される「施工体制台帳作成通知書」ですが、内容に修正があった場合には各協力会社に修正版が再度通知されるようになりました!

添付書類の添付漏れ通知を強化

書類に添付が求められる資格証や認定書などのアップロードがされていない場合に、事前に添付漏れに気づけるよう通知機能を強化しました。

作業員名簿に載る作業員の保有資格に紐づく添付書類や、車両届の保険証の写しなどのアップロードが必要な場合、未アップロードのままでも事前に何のアップロードが必要かひと目で分かるようになりました!

協力会社の検索性能の強化

協力会社を現場やサービスに招待する際の検索機能がより使いやすくなりました。

・登録済みの協力会社を検索結果の上位に表示されるよう変更
・会社名にアルファベットが含まれる場合、全角/半角どちらでも検索できるように変更
・検索結果の表示スピードを向上

協力会社の招待は頻繁に使用する機能のため、引き続き機能や利便性の強化を図っていきます💪

各書類に個別に名前をつけられる機能を追加

ほぼすべての書類に任意に名前を指定できるよう機能を向上しました。

これまで同じ種類の書類が複数あった場合、「2枚目」「3枚目」のように表示されていた箇所に、自由に名前を入力し管理できるようになります。
(書類名は入力した時点で保存されます)

その他細かなアップデートは毎日行われています

ご利用頂く皆様から頂く声を受けて、サービスの細かな改善は日々行わせて頂いております。
例えば、8月に行ったその他の修正や変更は以下のとおりです。

・1940年以前の生年月日を選べるように修正
・車両マスターに中型トラックのカテゴリーを追加
・【会社情報マスターに基本契約書を複数添付できるよう変更
・75歳以上の保険が正しく入力できない問題を修正

※一部を抜粋しています

サービスへのご要望は是非サービス画面の左メニュー「改善要望を送る」より、お気軽にお届けください!

 

以上です!
今後ともサービスの改善を楽しみにお待ち下さい!

 

 

安全書類電子化で働き方改革を!

Greenfile.workは「現場に馴染む」安全書類管理ツール。
大手ゼネコンから一人親方まで続々導入!

紙のない現場運用をお試しいただけます!

デモを試す 資料請求
サービス画面