9月に実施した機能アップデートまとめ

更新日:2018年9月30日

いつもGreenfile.work(グリーンファイルドットワーク)をご利用いただき、ありがとうございます!
今年は台風がかなりの高頻度でくるため、現場のスケジュールに影響が出ているという話を各方面でお聞きしております。
皆さんの周りは大丈夫でしょうか?何事もないことを祈っていおります、、!

さて9月は新たな書類である工具使用届に加え、多数のリクエストをいただいていた社会保険一体型の作業員名簿、さらに自社情報を自動入力する機能の3つをリリースしました!

Greenfileでは皆さまとともに作っていく「共創」というコンセプトを大事にしております。
引き続きユーザーの皆さまのご要望やご意見を元に爆速で改善して参りますので、ご要望があればぜひお気軽にお申し付けください!

<9月に実施したアップデート>

1. 社会保険一体型の作業員名簿が選べるようになりました!

これまでは全建統一様式第2号にならい、作業員の基礎情報と社会保険の情報は別紙での出力となっていました。

一方、近年では一体型の作業員名簿が主流となっていることもあり、Greenfile.workでも一体型の作業員名簿が出力できるようになりました!

現場→作業員名簿→作業員を選択→「書類を出力」ボタンを押していただくと、
・社会保険一体型
・作業員名簿のみ
・社会保険加入状況のみ
の3つから選ぶことができます。

2. 自社情報の入力がもっと楽に!

マスターデータの「自社情報」に建設業許可を入力するだけで、[自動]と書いてある項目は自動的に入力されます。

社会保険情報の入力はご自身で行っていただく必要がありますが、住所などの情報を入力する手間が省けます。

国交省のデータベースからデータを引っ張ってきているため、当該サイトが動いていないときにはエラーになってしまうこともあります。ご了承くださいm(_ _)m

3. 工具使用届の作成が可能になりました!

作業員名簿・再下請負通知・車両届・機械使用届、有機溶剤使用届に加えて6つ目の書類である、「工具使用届」に対応しました!
他の書類同様、一度作成した工具のデータはマスターデータとして登録し、以降はクリックひとつで呼び出すことができます。

・工具使用届を作成するには?

「現場・書類一覧」から各現場をクリック→「新規書類を作成」より機械使用届を選んでいただけるようになりました!

・マスターデータの活用

あらかじめマスターデータに工具の情報を入力しておけば、
次回以降はマスターから情報を引っ張ってきて機械使用届を作成することができます。

<これからリリース予定の機能について>

アンケート等で「今ある書類をもっと作りやすくしてほしい」というご意見が一番多いこともあり、10月は今あるものをもっと使いやすく機能を多数リリースする予定です!

もっとこうしてほしい!があれば遠慮なくお申し付けください^^

来月のGreenfile.workがどんな進化を遂げるのかお楽しみに!

安全書類電子化で働き方改革を!

Greenfile.workは「現場に馴染む」安全書類管理ツール。
大手ゼネコンから一人親方まで続々導入!

紙のない現場運用をお試しいただけます!

デモを試す 資料請求
サービス画面