設備工事

 

属人化を防ぎ、誰もがアクセスし管理できる環境を構築

 

設備会社は膨大な工事数を抱えるため、現場全体の統率に時間がかかり、書類管理が属人化してしまう傾向があります。同時に、現場数の多さから本社からのサポートが難しい場合もあり、現場担当者に負担が集中してしまうケースも少なくありません。Greenfile.workを活用すれば全現場の書類管理を統一化し、現場担当者の負担を軽減することが可能です。

課題

  1. 現場によって書類の精度や質にばらつきが発生
  2. 安全書類の整備や正確性を向上させたい(特に公共工事)
  3. 協力会社の資格や保険情報等の更新など是正の負担が大きい

解決ポイント

1. 全現場で書式を統一

Greenfile.work上に現場を登録し協力会社を招待すれば、書式の統一を実現できます。法令を遵守する最新の帳票(全建統一書式)で書類を回収し、是正対象となる書類の数を減らします。

2. 現場・作業員情報の最新性を管理

Greenfile.workを活用すれば元請はもちろん、協力会社の作業員情報も管理できます。「適切な資格を持っているか、情報は最新か?」を自動チェック。コンプライアンスの観点でも管理体制の強化を実現できます。

3. 書類の進捗状況をリアルタイムで把握

書類の進捗を見える化することで提出状況をリアルタイムで把握できます。是正を催促するための情報も素早く確認できるため、指導体制をより強固にします。

設備工事での導入企業

その他の導入企業はこちら

設備工事導入事例インタビュー

紙のない現場運用をお試しいただけます!

まずは資料ダウンロード(無料)

安全書類電子化で働き方改革を!

Greenfile.workは「現場に馴染む」安全書類管理ツール。
大手ゼネコンから一人親方まで続々導入!

紙のない現場運用をお試しいただけます!

まずは資料ダウンロード
サービス画面