土木工事

 

安全書類の精度を高め、CCUSとの情報連携で効率化を実現

 

公共工事は民間工事に比べ協力会社が少ない傾向がありますが、発注者への書類提出が義務付けられており、法令遵守の観点からも書類の正確性の高さが求められます。また建設キャリアアップシステムとの連携義務化に向けても、安全書類の電子化を見据えていく必要があります。

課題

  1. 法令遵守のため、正確性の高い書類を回収する必要がある
  2. 建設キャリアアップシステムと自社の安全書類で情報の二重登録が発生する

解決ポイント

1. 安全書類の正確性を高める

書類の「記載漏れ・期限切れ・添付忘れ」などよくある不備を自動チェック。 安全指導や周知の手間を軽減し、若手社員でも正確な書類管理を実現します。 協力会社にも同様の不備を表示し、正確な書類作成を支援します。

2. CCUSへの入力工数を軽減

Greenfile.workで登録した「現場情報」や「編成情報」、「事業者情報」などは自動で建設キャリアアップシステムと連携されるため、再登録の二度手間が大きく軽減されます。

土木工事での導入企業

その他の導入企業はこちら

土木工事導入事例インタビュー

comming soon...

紙のない現場運用をお試しいただけます!

まずは資料ダウンロード(無料)

安全書類電子化で働き方改革を!

Greenfile.workは「現場に馴染む」安全書類管理ツール。
大手ゼネコンから一人親方まで続々導入!

紙のない現場運用をお試しいただけます!

まずは資料ダウンロード
サービス画面